QC2
最終更新日時 2017.06.25

QuietComfort2 価格比較とレビュー

耳を包み込むアラウンドイヤータイプのノイズキャンセリング・ヘッドホン。

QuietComfort2
形式
アクティブ型(ノイズキャンセリング機能付)
ドライバ
φ35mm
インピーダンス
72Ω (Lo)、910Ω (Hi)
感度
100dB/Vrms (Lo)、115dB/Vrms (Hi)
ケーブル長
約1.8m (脱着可能)
カラー
シルバー
プラグ形状
3.5mmステレオミニ
電源・電池寿命
単4電池×1本、約38時間 (単4アルカリ電池使用の場合)
重量
170g (乾電池・ケーブル除く)

参考価格(税込): Discontinued [生産完了]

商品詳細

BOSE/QuietComfort2はノイズキャンセリングヘッドホンです。スタイリッシュなデザインとプロのパイロットも認めた消音技術。耳を包み込むアラウンドイヤータイプのNCヘッドホン。騒音に囲まれる現代人に静けさを提供します。

特長
  • 単独でのノイズキャンセリング機能付き
  • シンプルで持ち運びやすい
  • 抜群の装着感
得意ジャンル
  • ポップス
  • ロック
  • インストゥールメンタル

QuietComfort2は前モデルのQuietComfortよりも格段に進化しています。ノイズキャンセリングユニットがヘッドホンに内蔵されたのはかなり得点が高いですね。コードさえ外せば単体でノイズキャンセリング機能を使えます。また、QuietComfortで気になった無音時のヒスノイズがQuietComfort2では大幅に低減されておりほとんど聞こえない。音質は特に低音の量感が豊富。ロック・ポップスを「屋外で軽くBGM程度に」楽しむのに最適。高域に関してはやや繊細さに欠ける。ノイズキャンセリング機能のせいかボリュームを上げるとやや歪み気味になるのが欠点。全体的にナローレンジで解像度はあまり高くないですね。これは、自宅で大音量で「音」を聴くよりも飛行機・電車・バス等での長距離移動時にさらっとBGMを聴くスタイルに焦点が当てられているゆえ「いかに疲れないか」をコンセプトにしているからであると思います。ノイズキャンセリング機能の付いていない同価格帯の一般的なヘッドホンと「音質のみ」で比較するとどうしても一歩後退している感じではありますが、そもそもこのヘッドホンは「普通とは趣向の違うモデル」ですのでそれらと比較するのは筋違いかもしれません。外に持ち出してこそ最大の力を発揮するヘッドホンです。イヤーカップが90度回転できるようになったので、QC1に比べ圧倒的に小さくまとめられ、システムはすべてヘッドホンに内蔵されているのでとてもシンプル。装着感は良好。側圧もちょうど良い位でとても快適です。ただ、電源をオンにしなければ聴けないのはちょっと寂しい(家で聴くのに電池を交換しないといけないから)。ノイズキャンセリングオフでもスルーで聴けるようになればありがたいですね。あと、電池のフタが少々あぶなっかしいので慎重に取り扱った方が良いでしょう。

遮音性の高さだけで比較すると物理的に遮音されるカナル型イヤホンには及びません。QuietComfort2のノイズキャンセリングは「遮音」と言うよりも「減音」と言った方が適切ですね。試しに近くのパチンコ屋に持ち込みまして体感してみましたが相当快適です。クソやかましいユーロビート/怒濤のマイクパフォーマンス/台から流れる電子音/下皿にたんまり貯めた玉をハコにバラバラバラと注ぎ込むおっさん…こんな環境でもしっかりと機能してくれます。特に重低音(ズンとかドンとかゴォー)や脳に刺さる高音が劇的に緩和されるのが印象的でした。さらにバイクでも試してみたところ、風切り音やエンジンノイズ・排気音・ロードノイズが大幅に低減され軽くなり相当快適です。でもちゃんとホーンの音は聞こえます。けっこうな速度での風圧でもグラつかずしっかりと耳に張り付いてくれる装着感は素晴らしいの一言。

「音質だけ」で判断するとコストパフォーマンスは決して良いとは言えないQuietComfort2ですが、所有満足度は高いですね。特にヘッドホン単体でノイズキャンセリング機能が使え、様々なシーンで応用できるのがその理由です。工夫しだいで色んな用途に活用できるのが面白いですね。かなり遊べます。通勤通学時の音楽リスニングはもちろん、読書にもノイズキャンセリング機能を使いたい、そんな遊び心にくすぐられる貴方にQuietComfort2をおすすめします。

なお、QuietComfort2の「ボーズ公式周波数特性」はアメリカ本社からの強い意向で明らかにされていません。

[ (1) ]

Bose QuietComfort 2 Acoustic Noise Cancelling headphones : ノイズキャンセリングヘッドホン
posted with navi


関連リンク

価格比較

/の価格比較調査は毎日行っておりますが、最安値は常に変動しておりますので念のため各販売店の最新の価格を必ず確認して下さい。

販売店の価格一覧表
販売店 表示価格 送料 合計価格
QuietComfort2はディスコン(生産完了)の為、流通在庫もしくはオークションで探すしかありません。

※このサイトで掲載されている情報は、ヘッドホンナビにより管理・運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に販売店に表示されている価格が、その商品の販売に適用されますのであらかじめご了承下さいませ。

※合計価格はあくまでも目安です。合計価格は『表示価格(税込)』+ 『送料(込の場合は+0円)』で算出しております。詳細は各販売店様にご確認願います。

評価とメーカーリンク

個人的ジャンル評価
クラシック
3.3点
ジャズ
3.5点
ポップス
3.9点
ロック
4.1点
ユーザー満足度
メーカー(代理店)リンク
定価
  • オープン価格

画像ギャラリー


カタログ記事


QuietComfort2のカタログ画像 ■高度な信号処理技術が可能にした、圧倒的な騒音低減性能
まず、イヤーパッドに侵入してくる騒音を物理的に減衰します。そして、イヤーカップ内に侵入してくるすべての音を内蔵の高性能マイクでモニターし、再生音と比較して騒音を識別。その騒音と逆位相の音波を送り出すことで音響的に騒音を打ち消します。このプロセスを高速で繰り返すことにより、騒がしい環境の中でも、常に圧倒的な静けさを提供します。
■長時間装着しても苦にならない、人間工学に基づいた快適設計
音質を犠牲にすることなく、ドライバー背面のエンクロージャー容積を必要最小限に設計し極限まで軽量化図ったイヤーカップは、取付角度や調整角度にも、綿密な計算と独自のノウハウが生かされています。また、耳たぶに直接触れずに密着性を実現するイヤーパッドと、遮音性を損なわずに必要最小限に抑えられて調整されたクランプ圧(頭部を挟み込む力)により、長時間の装着でも頭や耳が痛くならない快適なつけ心地を実現しました。
■場所を選ばずに手軽に持ち運べる、優れた携帯性を追求
本体はフラットに折りたたんで収納でき、どこへでも手軽に持ち運ぶことができます。また、電子回路やバッテリーはすべてイヤーカップに内蔵。さらに取り出し可能な片出しケーブルを採用することにより、ノイズキャンセリング機能のみを使用する際はコードレスとなります。

実測データグラフ

※下記特性をクリックする事で表示項目を変更出来ます (JavaScriptを有効にして下さい/初期項目は周波数特性です)

※掲載データはQuietComfort2の『周波数特性・矩形波の再現性』です。ただし22.05KHz以上の成分は出ていません。なおデータは独自ルールにより補正してあります。あくまでも参考程度とお考え下さいませ。万一、相違等がありましても一切の責任は負えません。

QuietComfort2/データ『周波数特性・矩形波の再現性』
[周波数特性] | 1000Hz | 500Hz | 200Hz | 100Hz | 50Hz

ランキング

タブメニューです。クリックでページ移動無しで項目を閲覧できます。


市場の価格チェック

ヤフーオークションでの落札相場や楽天市場、アマゾンやマーケットプレイスでの相場をチェック出来ます。
国内での取引相場
Yahoo!オークション落札相場と国内市場価格をチェック

aucfan落札相場 (直近30日分) 楽天市場での現在の流通価格
Amazonでの価格 マーケットプレイスでの価格

ヤフオク開催中相場

交換パーツと消耗品

交換パーツや消耗品はボーズ・オンラインストアで購入できます。タイトルクリックで詳細を表示します。
(掲載の無いパーツに関してはお問い合わせ窓口から直接リクエストしてみましょう)

レビュー

レビュー書いてみませんか?

クラシック
5.0点
ジャズ
5.0点
ポップス
5.0点
ロック
5.0点

あなたのレビューをここに載せませんか?広く皆様からBOSE/QuietComfort2のレビューを募集致しております。貴方の「ハンドルネーム (特に希望のない場合は名無しさんと表記させて頂きます)」、簡単な分類ではありますが「各ジャンル評価点 (CLASSIC,JAZZ,POPS,ROCK) 各5点満点」と「レビュー文」を気が向いた時にでもメール頂ければ幸いです。

クラシック
-.-点
ジャズ
4.0点
ポップス
4.5点
ロック
4.5点

SD Fan氏のレビュー

今月購入して2週間程度です。
あまりレビューがないようなので投稿する事にしてみました。お役に立てれば何よりです。まず、私の音質的な好み=「高解像度、若干ドンシャリ気味」を参考にして読み進んでいただければわかりやすいかと思います。

ノイズキャンセリング機構について:
この効果によって小音量でも音楽の細かい部分までクリアーに聴くことが出来ました。また外界の暗騒音によってかき消されがちな中低音もしっかり聴き取れるようになります。割とドンシャリ気味が好きな私にとっては、電車などの悪条件下でいかに納得の行く低音再生が出来るかが評価のポイントでしたが、以前使っていたMDR-EX70/71と比べ劇的に改善出来たのでそういう意味での満足度は非常に高いです。

インピーダンス切替機構について:
脱着式ケーブルのヘッドフォン側コネクタにはHIとLOの切替スイッチがあり、ここで入力インピーダンスの切替が出来ます。HIにすると大音量、LOにすると小音量となります。私にはポジションによって周波数特性的なバランスが異なって聴こえました。LOポジションの方がバランスは良く、HIにすると低域がブーミーで高域が若干減少する(こもる)感じに聴こえました。私はiPodユーザーなのですが、この組み合わせで使った場合、LOだとフルボリュームにしても若干音量不足が気になります。HIにした場合音量不足は解決できますが、高域不足となるためiPod内蔵イコライザでTreble Boosterを選択してバランスを取っています。逆に好みによってはBass Reducerでバランスを取る方法もあるのかなと思います。

音質について:
BOSE製品はこれがはじめてのなのでBOSEサウンドを知らないのですが、私の愚耳での感想では、もう少し解像度が欲しいところです。(HD580との比較なのでかわいそうですかね。)メリハリと言うか量感はあると思いますので、楽しく聴ける音ではあります。オーディオ的には及第点以上と言って差し支えは無いと思います。何にせよこのモデル最大の売りはノイズキャンセリング機構なので、この効果を期待して購入するだけの価値は私にとっては充分あったと思います。

かなり甘いかもしれませんが、ジャンル別採点はこんな感じです。
CLASSIC : まだ聴いていません。
JAZZ : 4.0点 (もう少し質感が欲しい!これ以上は酷ですかね。)
POPS : 4.5点 (無問題でしょう)
ROCK : 4.5点 (無問題でしょう)

クラシック
4.0点
ジャズ
-.-点
ポップス
4.0点
ロック
3.5点

シャケ弁氏のレビュー

昨年10月から3ヶ月ほど使用しております。音質的には、大きめの音にするとかなり悲惨な音になるなど、4万円という価格に見合っているとは言い難いですが、ノイズキャンセリングの効果は初めて使うこともあり満足です。仕事柄、JR在来線での移動が多いのですが、これを装着していれば嫌な騒音はほぼシャットアウトでき、新幹線の中に近い(?!)静かさでしっかり音楽が聴けて快適な移動時間を過ごせます。

ボーズらしくメリハリの効いた音は、家でもBOSEスピーカーを使用しているせいかなじみやすく、電車の中でもシンバルの細かい音が聞こえます。携帯電話が近くで鳴るとブベボベとノイズが乗りますがそれは仕方ないでしょう。電池の持ちも気になるモノではなく、最悪出先で切れても単4なのでコンビニさえあれば何とかなります。
部屋の中ではあまり使用していませんが、昼間に集中して仕事をしたいときは、単体で使っています。装着感も重さは感じず、ヘッドフォン部分が持ち運びしやすいように可動してくれるのでカバンにそのまま放り込んでいます。個人的にはトータルでの満足度はとても高いです。

iPodとQuietComfort2の組み合わせは私のお出かけ音楽マシーン史上最強コンビです。こういう用途なら迷わずお勧めできます。

圧縮音楽メインの私が敢えてつけるなら、
ジャンル別採点は:
クラッシック 4(意外)
ジャズ 聞きません
ポップ 4(petshopboysとかがいい音で鳴ります)
ロック 3・5(もちっと低音が欲しい)です。
総評 4

すべてのレビューを見る (1)


Supported by Amazon.co.jpアソシエイト
このページの先頭へ