最終更新日時 2019.06.16
PROline750

PROline750 価格比較とレビュー

ULTRASONE

PROline750

ドライバーとして最も剛性の高いチタン鍍金を採用したヘッドホン。

PROline750 製品画像
スペック・仕様
カテゴリヘッドフォン
形式ダイナミック
タイプ密閉型
再生周波数帯域8〜35,000Hz
インピーダンス30Ω
感度94dB/mW
ケーブル長約2.0m (カールコード)
プラグ形状3.5mmステレオミニ/6.3mmステレオ標準 (金メッキ)
重量約295g (コード除く)

[市場価格帯]価格 :Discontinued[生産完了]

商品詳細

PROline750は密閉型のヘッドホンです。

特長
  • ドライバーとして最も剛性の高いチタン鍍金を採用
得意ジャンル
  • ロック

ヘッドフォン・ドライバーとして最も剛性の高いチタン鍍金を採用しました。この高剛性が可能とするのは、ソースの再生における極上の精度と忠実性です。外部とのアイソレーションが十分にとれる設計を施したイヤーパッドは、特別開発のベルベット素材でカバーリング。長時間の作業を快適かつストレスのないものにしま す。

[ (1) ]


関連リンク

価格比較

ULTRASONE/PROline750の価格比較調査は毎日行っておりますが、最安価格は常に変動しておりますので念のため各販売店の最新の価格を必ず確認して下さい。

販売店の価格一覧表
販売店 表示価格 送料 合計価格
PROline750はディスコン(生産完了)の為、流通在庫もしくはオークションで探すしかありません。

※このサイトで掲載されている情報は、ヘッドホンナビにより管理・運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に販売店に表示されている価格が、その商品の販売に適用されますのであらかじめご了承下さいませ。

※合計価格はあくまでも目安です。合計価格は『表示価格(税込)』+ 『送料(込の場合は+0円)』で算出しております。詳細は各販売店様にご確認願います。

評価とメーカーリンク

個人的ジャンル評価
クラシック
3.7点
ジャズ
3.8点
ポップス
4.1点
ロック
4.0点
ユーザー満足度
メーカー(代理店)リンク
定価
  • 40,000円 (税別)

画像ギャラリー

ランキング

タブメニューです。クリックでページ移動無しで項目を閲覧できます。


市場の価格チェック

ヤフーオークションでの落札相場や楽天市場、アマゾンやマーケットプレイスでの相場をチェック出来ます。
国内での取引相場

Yahoo!オークション落札相場と国内市場価格をチェック



レビュー

レビュー書いてみませんか?

クラシック
5.0点
ジャズ
5.0点
ポップス
5.0点
ロック
5.0点

あなたのレビューをここに載せませんか?広く皆様からULTRASONE/PROline750のレビューを募集致しております。貴方の「ハンドルネーム (特に希望のない場合は名無しさんと表記させて頂きます)」、簡単な分類ではありますが「各ジャンル評価点 (CLASSIC,JAZZ,POPS,ROCK) 各5点満点」と「レビュー文」を気が向いた時にでもメール頂ければ幸いです。

クラシック
4.1点
ジャズ
4.2点
ポップス
3.4点
ロック
3.7点
(´・ω・`)5Ma氏のレビュー

現在、まだまだエージング途中ですが、PROline750の簡単なインプレを。
購入後1ヶ月、少しづつ音が落ち着いてきました。
PROline750の特徴の、最もたるところは、“とにかく見た目が安っぽく、格好悪い”事です。学研の付録か、それともビッグワンガムのオマケか? と思うほどの質感とデザインです。折りたためますが、折りたたんだ方が通常時よりでかいんで、あまり意味がはありません。酷く硬いケーブルが、何故か後ろ方向に伸びていて、肩に当たってタッチノイズも酷いです。側圧も非常に強く、装着感はほぼ最悪で、ご自慢のベルベットのパッドも用を成してません。

その分、音質に予算つぎ込んでますって感じの音が鳴ります。手持ちのA1000と比べても、A1000を凌駕する程解像度が高く、分離も良く、スピード感もあり、爆音でもビビらない…ビビるどころか逆に解像度がよくなる程。A1000で感じ取りやすい、チタン素材による“金属的で不快な付帯音”も比較的少なめです。

繋げる機器を良いものにすればするほど、素晴らしくいい音を奏で、正に“edition7廉価版”と呼べる音が鳴ります。勿論、edition7とは音質において価格分程の格差が有りますが、十分に、生音に近い現実味のある音が激しく主張しあって、鋭く耳に襲い掛かって来ます。音が鋭く、モニター用途のヘッドホンの為、向いている音楽は特に有りませんが、最悪の装着感と、聴き疲れしやすい音質傾向に慣れれば、どのジャンルも問題なく聴けます。

ちなみに、ポータブルやミニコンポ直刺し等のダメな機器に繋げると、ノイジーで、低解像な酷いヘッドホンに豹変するので注意が必要です。ポータブルへの接続時の解像度はCD900ST以下まで落ちる言うと、どれ程落ちるか判ってもらえると思います。

安っぽい(笑)箱を開けると、シックなデザインの内箱が出てきて、内箱の仰々しいULTRASONEマークの封を開けると、中には、商品説明書、2mカールコード、3mストレートコード、携帯用バッグ、標準→ミニ変換プラグ、交換用イヤーパッド、エージング用CDと、沢山のおまけが入っていて、ヘッドホン本体の安っぽさを補うほどの、所有感と満足感があります。
CDは高音から低音まで満遍なく、様々なジャンルの音や楽曲が入っていてエージングの他にも聴き比べ用としても、結構役に立ちます。
外見や装着感は置いといて、音質とおまけから非常にコストパフォーマンスが高いヘッドホンだと思います。

点数は、A1000やW1000の評価との相対評価で、
Classic 4.1(A1000よりも解像度が非常に高く、音に現実味があるため)
Jazz 4.2(A1000よりも解像度が非常に高く、音に現実味があるため)
Pops 3.4(楽器の主張が強すぎて、相対的にボーカルが濁って聴こえるため)
Rock 3.7(スピード感と臨場感があり、低音もかなり強めなため)
と、言った所です。


Supported by Amazon.co.jpアソシエイト
このページの先頭へ