最終更新日時 2019.07.14
LCD-3

LCD-3 価格比較とレビュー

Audez'e

LCD-3

ハウジングにゼブラウッドを使用した、平面駆動タイプ開放型ヘッドホンのトップモデル。

LCD-3 製品画像
スペック・仕様
カテゴリヘッドフォン
形式平面磁界・全面駆動式
タイプ開放型
ハウジング素材ゼブラウッド
再生周波数帯域5〜50,000Hz
インピーダンス50Ω
感度93dB/mW
ケーブル長約2.5m (両出し、着脱可)
プラグ形状6.3mmステレオ標準
4ピンXLR (バランス出力)
重量約550g (ケーブル除く)

Amazon.co.jpの商品詳細へ


[市場価格帯]価格 :¥ ASK-(2019.07.19)

商品詳細

LCD-3は平面磁界・全面駆動式オープンタイプのヘッドホンです。ハウジングにゼブラウッドを採用したリッチな仕様となります。

LCD-3にバランスケーブルを装着したイメージ
特長
  • 平面磁界・全面駆動式
  • 特殊合金を使用したLOTUSダイヤフラム採用
  • ゼブラウッドを採用
得意ジャンル
  • クラシック
  • ジャズ
  • 暗いエレクトロニカ

Audezeの平面駆動型ヘッドホンの最高峰モデル「LCD-3」。LCD-2を凌駕する最高のモデルを目標に開発されたモデルです。導電トレースのために新しいLOTUSダイヤフラムを採用。特殊合金を使用する事で、より精細な制御を可能にし、非常に低い歪率を実現しています。ドライバーは完全に専用設計され、マグネットにはネオジムを採用。高密度で均一な密度を持った振動板を実現しました。

高感度と低歪の優れた音質を実現するため、左右それぞれ12個ものネオジム磁気を組み込み強力な磁気構造を実現。強力な磁場の中、低歪みな状態で非常に軽量なダイヤフラムを振動させる事で、包み込まれるようなリアルで広い音場と豊かな低音の伸び、独特の包み込まれるような空気感を実現しています。

音質的には、もはや最高レベルと言っても過言ではないでしょう。静電型と見まごうほどの解像度の高さでソースを完全に選ぶヘッドホンとなります。重量感のあるローはドップリ沈み込み、中音〜高音の色艶のある鳴り方が特徴的で、ボーカルやストリングスが特に綺麗に聴こえ、ゲレンデ効果とも言うべきか何故かいつもの3割増で美しく聞こえます。

特筆すべき点として、低音〜中音〜高音のつながりが非常にスムーズである事が言えます。変に不自然に聴こえる点がなくキツく無く、ただスッと上から下まで絹のようなスムージングされたバランスが素晴らしい点ですね。空間感にも優れており、ニアーな音と離れたところから鳴っている音を見事に同時に表現しており、まるでバイノーラルソースを聴いているかのような錯覚が生まれます。ギターのピッキングは近く、シンバルは遠くで砕け散る、そんな距離感をも表現しています。ただし、音場はそんなにだだっ広くなく、そこそこのサイズの箱を想像して頂くと良いかと思います。ソースは早いものより、ゆったりとスローなテンポのものの方がより美味しい所を楽しめるかと思います。

ほとんどあらゆるソースに万能的に対応出来る点などHD650を彷彿とさせるイメージですね。また、下記機種のLCD-2と比較すると、やや音場サイズは狭い感じで、その分低音は多く、濃い音質が楽しめます。他メーカーの他機種と比較してみると、同価格帯のダイナミック型のモデルよりは確実に1ランク上だと断言出来ます。音質だけ言うと静電型とタメを張る事が出来る程のもので、繊細で早いのが好みか、ドッシリ遅いのが好みかとかの好みだけの問題となるかなと感じます。

ハウジングサイドのイヤーカップにはゼブラウッドを採用しており、明と暗、静と動を表現するビビッドな質感を実現しています。イヤーパッドにはラムスキン革を採用。緩やかに傾斜している事で優れたフィット感を実現しています。ケーブル抜きで550gととてつもなくベヒーモスですが、装着感が良いので、付けてしまえばそれほど感じない重量感となります。と言いたいところなのですが、やはりその重量ゆえ、首の後ろ側に負担がかかり、長時間の連続装着は少々厳しいかもしれません。

スペックは再生周波数特性は5〜50,000Hzでインピーダンスは50Ω、感度は93dB/mWとなっています。ケーブルはフラットケーブルで長さは2.5mの着脱式、プラグは6.3mmステレオ標準となります。なお、本体との接続部は4ピンミニXLRとなります。付属品としてウッドで作られた豪華な本体ケースと、4ピンキャノンのバランス接続用ケーブル、ハウジングのウッドをケアするオイルとクロスが付属しています。

最後に個人的にですが、ヘッドホンスパイラルの終着点の一つの形と言えるモデルの一つかと思います。

[ ...すべてのレビュー(1) ]


関連リンク

価格比較

Audez'e/LCD-3の価格比較調査は毎日行っておりますが、最安価格は常に変動しておりますので念のため各販売店の最新の価格を必ず確認して下さい。

販売店の価格一覧表
販売店 表示価格 送料 合計価格
0

ASK

¥ ASK

サソQuery error: Unsupported URL sheme given, please just use "HTTP".

¥ サソQuery error: Unsupported URL sheme given, please just use "HTTP".

※このサイトで掲載されている情報は、ヘッドホンナビにより管理・運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。また、本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン株式会社またはその関連会社により提供されたものです。かかるコンテンツは、お客様に「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。購入時に販売店に表示されている価格が、その商品の販売に適用されますのであらかじめご了承下さいませ。

※合計価格はあくまでも目安です。合計価格は『表示価格(税込)』+ 『送料(込の場合は+0円)』で算出しております。詳細は各販売店様にご確認願います。


中古の買取価格

いくらで売れるのか調べてみましょう!買い取り査定UPキャンペーンも頻繁に開催されていますので詳細は各店舗様にご確認願います。

買取店 買取上限金額(キャンペーン倍率適用価格)
¥ ASK
¥ Query error: Could not establish a connection to the given URL!

評価とメーカーリンク

ジャンル別評価
クラシック
5.0点
ジャズ
5.0点
ポップス
4.8点
ロック
4.7点
ユーザー満足度
メーカー(代理店)リンク
市場価格
  • ASK円前後
定価
  • 237,143円 (税別)

画像ギャラリー

ランキング

タブメニューです。クリックでページ移動無しで項目を閲覧できます。


市場の価格チェック

ヤフーオークションでの落札相場や楽天市場、アマゾンやマーケットプレイスでの相場をチェック出来ます。
国内での取引相場

Yahoo!オークション落札相場と国内市場価格をチェック



個人輸入

Audez'eはアメリカのメーカーですので米圏が比較的安価になっています。為替レートと送料を考慮してチェックしてみましょう。
海外での参考価格
$ 1,945.00  >>最新の価格 (HeadRoom)

本日のTTSレート (07月20日)
日本に出荷してくれる海外ショップ
決済方法

周波数特性グラフ

レビュー

レビュー書いてみませんか?

クラシック
5.0点
ジャズ
5.0点
ポップス
5.0点
ロック
5.0点

あなたのレビューをここに載せませんか?広く皆様からAudez'e/LCD-3のレビューを募集致しております。貴方の「ハンドルネーム (特に希望のない場合は名無しさんと表記させて頂きます)」、簡単な分類ではありますが「各ジャンル評価点 (CLASSIC,JAZZ,POPS,ROCK) 各5点満点」と「レビュー文」を気が向いた時にでもメール頂ければ幸いです。

M氏のレビュー

試聴環境
・Player : iPhone4
・Amp : Rx MK3-B(ALO Audio)
・Cable : SXC18G(ALO Audio)
・Hedphone Cable : Audeze純正のもの(4pin Balanced)
・Headphone Adapter : Reference8 Universal Adapter 4pin to Balanced
・mini(MK3向けバランスコネクタ、Ray samuelのSR-71Bでも使用可能)

HD800やEdition8、SR-009など、ハイエンドヘッドホンを牽引する高級ヘッドホンに加わる形で発表されたAudezeのヘッドホンですが、平面磁界・全面駆動型ヘッドホンということで、従来のダイナミック型やコンデンサー型ヘッドホンでは得られなかったサウンドステージを体感することができました。

音の傾向は、スピーカーでいうところのフルレンジスピーカータイプ。マッキントッシュやアルテックといった老舗ブランドに通ずる、ハイエンドホームオーディオファンが喜びそうなサウンドのように感じます。

帯域は、少々低域に寄っている感じがしますが、Audezeが開発したLOTUSという独自のドライバによって、微小な信号までしっかりと再現されている点が高く評価でき、無論、低域に埋もれるということはなく、中高域もしっかりと再現されています。
様々なジャンルで聴いてみましたが、ロックよりも、JAZZやクラシックような繊細さを求めるジャンルにあっているように思えます。
このヘッドホンの特長は、全面駆動によって得られるプッシュプル構造の反応の良さです。音の立ち上がりから立ち下りまでの時間が極めて短いため、躍動感あふれるサウンドステージが得られる他、シンバルレガートの粒立ちのような、極めて再現が困難な音色まで再現してくれています。
ただ、HD800のようなかなり個性のある機械チックなチューニングはされていないので、打ち込み系の音を聴く際には、求めているものと違ってくるかもしれません。

似たような機種として、SR-009を考えていましたが、Audezeはコンデンサー型とは違い外部電源を必要としない点で、様々なヘッドホンアンプで駆動できるというメリットがあると感じています。コスト的にも一応は安く済みます。当方もポータブルアンプ Rx MK3でGAINをHiにした状態で十分に駆動できています。

LCD3 , LCD2ともに、ALO AudioのReference 8 cableに交換して聴いてみましたが、全体的に奥行に余裕が生まれ、中高域がより鮮明に聴こえるようになりました。また、低域は思いのほかタイトに鳴ってくれ、LCD3でロックを聴くなら、必須アイテムのように感じます。
今回、バランスでのリスニング環境でしたが、アンバランスに比べ、ダイナミック感や解像度について、優位であると感じました。
据置では、バッテリー駆動を得意とする、Red Wine Audio社と共同開発を行っているということで、BLOSSOMではなく、今はRed Wine Audioと組み合わせるのが無難のように感じます。

すべてのレビューを見る (1)


Amazon.co.jpアソシエイト
このページの先頭へ