HD590 価格比較とレビュー

最終更新日時 2019.01.13

HD590

程よいドンシャリ感が特徴の開放型ヘッドホン。ダイナミックで躍動感のある中〜高音域が特徴。

HD590 製品画像
拡大
スペック・仕様
カテゴリヘッドフォン
形式ダイナミック
タイプ開放型
再生周波数帯域12〜38,000Hz
インピーダンス120Ω
感度102dB
歪率0.1%以下
ケーブル長約3m
プラグ形状6.3mmステレオ標準 (変換プラグ付属)
重量約270g (ケーブル除く)

Amazon.co.jpで商品検索


[市場価格帯]価格 :Discontinued[生産完了]

商品詳細

HD590は開放型のヘッドホンです。ポップスなどが楽しく聞こえる鳴りっぷりがディ・モールト良し。

特長
  • ブラスなどの中高域の輝きが抜群
  • 抜群の装着感
  • 高い解像度
得意ジャンル
  • ポップス
  • ロック
  • テクノ

HD600やHD580とはまた趣向の違うモデルです。例えるならHD590は「ニュートラルで薄化粧な女性」と言うより「目鼻立ちを強調した化粧の女性」といった感じでしょうか。まさにポップスに的を絞って作られたモデルだなと感じます。。非常に輝きのある中〜高音域が特徴で、女性ボーカル曲を聴くのにはうってつけではないでしょうか。低音もほどよく伸びて分厚く、とても元気の良いシャキッとした鳴りっぷりが心地よいヘッドホンです。

ただ、この特性のデメリットとして、長時間聴くと若干耳が痛くなることもあります。
このHD590も比較的流通量が多く、色んな店で試聴する事が可能ですので、絶対試聴してから購入しましょう。どのヘッドホンでも言えますが、雑誌記事や様々なレビューを鵜呑みにする事なく自分の耳で確かめる事が一番大切です。

[ ...すべてのレビュー(1) ]


関連リンク

価格比較

ゼンハイザー/HD590の価格比較調査は毎日行っておりますが、最安価格は常に変動しておりますので念のため各販売店の最新の価格を必ず確認して下さい。

販売店の価格一覧表
販売店 表示価格 送料 合計価格
HD590はディスコン(生産完了)の為、流通在庫もしくはオークションで探すしかありません。

※このサイトで掲載されている情報は、ヘッドホンナビにより管理・運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。また、本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン株式会社またはその関連会社により提供されたものです。かかるコンテンツは、お客様に「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。購入時に販売店に表示されている価格が、その商品の販売に適用されますのであらかじめご了承下さいませ。

※合計価格はあくまでも目安です。合計価格は『表示価格(税込)』+ 『送料(込の場合は+0円)』で算出しております。詳細は各販売店様にご確認願います。


中古の買取価格

いくらで売れるのか調べてみましょう!買い取り査定UPキャンペーンも頻繁に開催されていますので詳細は各店舗様にご確認願います。

買取店 買取上限金額(キャンペーン倍率適用価格)
¥ ASK

評価とメーカーリンク

ジャンル別評価
クラシック
3.5点
ジャズ
3.7点
ポップス
4.5点
ロック
3.6点
ユーザー満足度
メーカー(代理店)リンク
定価
  • オープン価格

画像ギャラリー

ランキング

タブメニューです。クリックでページ移動無しで項目を閲覧できます。


市場の価格チェック

ヤフーオークションでの落札相場や楽天市場、アマゾンやマーケットプレイスでの相場をチェック出来ます。
国内での取引相場

Yahoo!オークション落札相場と国内市場価格をチェック



レビュー

レビュー書いてみませんか?

クラシック
5.0点
ジャズ
5.0点
ポップス
5.0点
ロック
5.0点

あなたのレビューをここに載せませんか?広く皆様からゼンハイザー/HD590のレビューを募集致しております。貴方の「ハンドルネーム (特に希望のない場合は名無しさんと表記させて頂きます)」、簡単な分類ではありますが「各ジャンル評価点 (CLASSIC,JAZZ,POPS,ROCK) 各5点満点」と「レビュー文」を気が向いた時にでもメール頂ければ幸いです。

クラシック
3.5点
ジャズ
3.7点
ポップス
4.5点
ロック
3.2点
「レビューライター」109氏のレビュー

試聴環境は、マランツCM6200+HD51、パイオニアS575A+AVアンプ経由の2系統で試しました。HD590の他にHD580、900STを所有しています。

どうしてもHD580との比較になってしまいますが、とてもエネルギッシュです。低音の出方ですが、HD580はドンと出るのに対してドドドンと前に出てくる感じで飛び出してきます。高音はキンと出てきますが耳にうるさく感じません。何より特記したいのはボーカルの艶やかさ。HD580はフラット寄りなので、周りの演奏に肉声が隠れてしまう傾向がありましたが、HD590はしっかり聞こえます。特にポップス系女性ボーカルは上機嫌で鳴らしてくれます。

解像度では残念ながらHD580に負けてしまいますが、ボーカルを含む色々な音の分離度ではHD590の方が上だと感じます。そのせいか、ロック系は少し不向きのようです。HD580でも少し感じていたサ行のかすれがかなり目立つようになってます。もっとも、歌い手の歌唱法やCDの録音状況によっても変わってきますので、すべてのCDでサ行がキツく感じるという意味ではありません。(最初はHD51のせいかと思いましたが、 575A+AVアンプでも感じますので、HD590固有の問題のようです)

装着感は抜群です。HD580でも慣れれば普通でしたが、HD590は頭に乗せてるのを忘れてしまう程です。

あえて、点数を付けるとすれば、
CLASSIC : 3.5
JAZZ : 3.7
POPS : 4.5
ROCK : 3.2
でしょうか。

インストやジャズではHD580を使うとして、HD590は相性の良いボーカルCDと組み合わせれば満足度120%で聴かせてくれます。かなり、ソースを選ぶヘッドフォンです。

Amazon.co.jpで商品検索


Amazon.co.jpアソシエイト
このページの先頭へ
HD590